ドラッグストアにこだわって薬剤師求人を探した転職

地域密着型のドラッグストアの方が自分らしい

アルバイトを大勢雇っているので基本的に販売と在庫管理はアルバイトが行ってくれていました。
自分の役割は調剤と服薬指導、一般用医薬品の相談に来た顧客の相手でした。
ところが、実質的には一日に一枚も処方箋がないことが多く、一般用医薬品の説明についても平日は片手ほどの数しか相談がなかったのです。
そのため、手持ち無沙汰な状況が続き、営業時間が終わったら医薬品の在庫確認をして帰るというだけの仕事になってしまい、つまらない毎日を過ごしました。
調剤がないならアルバイトと同じ仕事もできると考えたのですが、マニュアルで仕事が決められてしまっているため、下手に手出しもできなかったのが事実です。
このため、調剤ができてそれなりに忙しいか、店舗営業の仕事にも携わりやすい現場を選んで転職しようと決めました。
ドラッグストアに対するこだわりは依然としてあったので求人をみるときにも他には目を向けませんでした。
そのとき勤めていた職場は大手というにはシェアが狭いという程度の中の上程度のドラッグストアだったので、同じような規模のものを選ぶと失敗するリスクが高いと考えました。
大手にするか地域密着型のにするかと悩みましたが、やりたいことが確実にできるだろうと信じて地域密着型の方を選んで探したのは正解だったと言えるでしょう。
大手の方が給料が良いのは明らかでしたが、地域密着型の方がマニュアルがしっかりとしていなくて融通が効きます。
人手も少なくて他の仕事ができる場合も多いというのは転職に成功してから知ったことです。

かたっぱしからドラッグストアを受けまくる地域密着型のドラッグストアの方が自分らしい給料はさておき自宅から近いドラッグストアに就職